ziechanA’s diary

気持ちは40歳台、年齢は老年、趣味は読書、将棋、麻雀、ゴルフ(スコアがさっぱり)で唯一の持病が糖尿病の爺ちゃんのブログです。中森明菜の「少女A」にちなんで「爺ちゃんA」にしました。糖尿病体験や好きな読書の感想などを書いています。 

A5ランクの牛肉が最高級ってよく言われるけど本当なのか?

 

最高級のA5ランク肉って本当?

 

焼肉店で焼肉を食べるのは、おいしいですね。

 

ただ店によっては高い割には「噛んでも噛んでもなかなか嚙み切れない」というところがたまにあります。

 

そのようなところは店のスタッフが気づいていないのかと思ってしまいますが。

 

ところで、テレビのグルメ番組で、食レポのタレントがよく「最高級のA5ランク!」とほめちぎっているのを見かけますが、これは本当においしいものなのでしょうか?

 

肉のランクを決めているのはどこ?

これは公益社団法人「日本食肉格付け協会」というところが決めています。

 

 

この協会の約200人ほどの格付け員が食肉市場などで一頭づつ牛の肉質をチェックしながら決めているとのことです。

 

A5ランクとはなにか

アルファベットのAはA、B、Cと3等級あるうちのAということです。

 

このA、B、Cというのは「歩留等級(ぶどまりとうきゅう)」といって牛1頭からとれる食べられる分の割合を示しています。

 

つまり、AはBやCよりも牛1頭についてたくさん取れるという意味で、業者には意味があることですが、私たち消費者にはおいしさとは関係なく、まったく意味のないことです。

 

では1~5という等級はどうでしょうか?

 

これは「肉質等級」というもので、4種類の判定基準があります。

  1. 脂肪がどれだけ入っているか(サシの入り方と言われるもの)
  2. 肉の色つや
  3. 肉の締まり具合
  4. 脂肪のつやと質

 このうち、一番ウェイトが大きいのが1の脂肪の入り具合です。

 

つまり、5のほうが一番サシが多い、すなわち脂肪分が多いということです。

 

昔はこのほうがおいしいということだったのですが、最近はヘルシーという観点で赤身肉のほうが人気があるようです。

 

また、テレビで業者の方が言ってましたが、彼らはA5よりもA4のほうがおいしいということです。

 

結論

A~Cはおいしさとは関係ないようですね。

 

好みによることで、必ずしもA5が最高級ではないと言えそうです。

 

自分の中で、世の中、いろいろ わかっていないことがいっぱいあるように思います。

 

気がついてわかったことをこれからも書いていこうと思っています。

 

f:id:ziechanA:20210207113009j:plain

焼肉 うまい!

 

バレンタイン特集

 

就職・転職サイト集 

 

 

コロナ感染防止グッズ

 

熟睡グッズ

 

 

 

スキンケアグッズ

 

マイナポイント