ziechanA’s diary

今年70歳になった爺ちゃんAの体験です。中森明菜の「少女A」にちなんで「爺ちゃんA」にしました。高齢の今、持病の糖尿病との奮闘記や好きな読書の感想などを書こうと思っています。 

糖尿病

 

糖尿病

糖尿病になった経緯

56歳までは 健康診断ではどこも異常がなかった。

そのころから Hba1cが7を超えてきた。

思えば それまでは 毎日 朝6時半には起きて 車で出勤し、8時から 定時まで働き、残業時間までの休憩時に 同僚と会社の食堂で 麺類を食べ、残業中は お菓子をつまみながらジュースを飲みながら 仕事をした。

ぼくらの 頃は 今と違って いわゆる企業戦士というやつで、遅くまで残って仕事をするのが 当たり前であった。

多くの同僚は 寮生活で近いこともあり、夜は10時や11時まで残っていた。

ぼくは 通勤時間が1.5時間もかかるので8時ころには オフィスを出た。

けれども 帰宅は9時半 風呂に入って夕食は10時、 そして12時ころに寝るという 日々であった。 

夜の過食と食べてすぐ寝るという習慣が糖尿を招いたんだと思う。